100万円以上を借り入れをする方法は?

貸金業者からお金を借り入れるという場合、貸金業法に従って利用する必要があります。貸金業法で有名なものとしては、総量規制があります。総量規制は、年収の3分の1以上の借り入れは制限されるというものです。そして、その他にも、同じ貸金業者から50万円以上の借り入れをする時、複数の貸金業者からの合計借り入れ金が100万以上を借りるという場合には、収入証明書を提出する必要があります。なお、初めて借り入れをするという場合には、100万以上の借り入れではなくても本人確認書類を提出する必要があります。
借入希望額が100万以上と申込んだ場合でも、必ずしも100万以上のお金を借りることが出来るわけではありません。借入限度額は、信用情報機関の登録情報や年収などを考慮した上で決められるものです。業者の立場からすると、貸し付ける金額が大きくなればなるほど審査も慎重に行いますし、返済を見込むことが出来ない人に対してお金を貸すという業者はありません。その為、初めて利用をする人に対して100万以上の融資を行っている業者はありません。利用実績を重ねることにより、融資限度額は徐々にアップしていきます。
100万以上の融資は無理でも、それに近い金額であれば、融資を受けることが出来る場合もあります。妥協案を提示された場合には、その金額内での利用を心掛けるようにしましょう。自身の返済能力に応じてお金を借りることが大切になります。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.